2018/10/30

素敵な照明具.。.:*♡

9月にクレマチスの丘で開催した糸紡ぎのワークショップに参加された方からメールを頂きました。
写真も添付されていました。ご本人の許可を得ましたのでブログにアップさせていただきますね!

 親子で参加されたY様。連休の三島界隈のご旅行を楽しまれたようです。その中で訪れたクレマチスの丘。そこで、糸紡ぎの体験をしていただきました。娘ちゃん、とてもたのしかったとおっしゃってました。

この写真、娘ちゃんのやっている習い事で照明のカサを作ったそうです。その素材として、自分の紡いだ糸を混ぜ込んでみたとの事!
素敵な経験と作品!とてもとても素敵な宝物が出来上がりましたね。

糸を紡ぐというのは、日常ではない作業だったと思いますが、出来上がった羊毛の糸を何かに使ってみるという、二次的な展開をしてみたこと、これはきっと娘ちゃんの経験として、新しい一ページになったのではないでしょうか。



キットとか、準備された材料、既存のものをまとめて、別のものを作りあげるということは結構ある話です。しかし、この材料を揃えるために、その材料を作るというのは、じつはなかなか時間も手もかかり、なかなか無いことです。



手紡ぎの糸を作りましょうというワークショップは、これからも続けていきますが、糸を作って終わりではありません。糸はあくまで素材です。完成形は、まだその先です。
モノを作るというのは、じつは長い時間がかかります。でも、とってもとっても魅力的で楽しいことなんです。
私は、この1年間、とくに集中してたくさんのワークショップをしてきて、それを強く感じました。そして、そんなときに、素敵な照明器具のご連絡をいただき、ますます多くの人がもっと手仕事と一般に呼ぶ、手で自分や家族のためのものを作ることをしていったらいいな!と思いました。



素敵なご連絡、ありがとうございました。
チャンスがあれば、糸紡ぎ、またチャレンジしてみてくださいね。

2018/10/27

ワークショップあれやこれや

秋に開催したワークショップ、あれやこれや。
写真をずらりと並べてみます。

ビュフェ美術館 コミュニティマーケット
2018 9月

ビュフェ美術館 コミュニティマーケット
2018年9月

ビュフェ美術館 コミュニティマーケット
2018年9月

キト暮ラスカ ノッティングWS
2018年 9-10月


キト暮ラスカ ノッティングWS
2018年9-10月

キト暮ラスカ ノッティングWS
2018年9-10月

畑ごはんあぐり チェックWS
2018年10月

畑ごはん あぐり  チェックWS
2018年10月

畑ごはんあぐり ノッティングWS
2018年8-9月


ちょっと、プライベートでバタついていたこの数ヶ月。ワークショップも沢山やっているんですけど、なかなかご報告が出来てません!  みなさん、ごめんなさいーーー!

多謝TextileのFacebookページ、一時やめてしまいましたが、また再開しました。HPブログよりアプローチしやすいよという方は、そちらも是非フォローお願いしますね。InstagramもTwitterもやってますよ。

そして、年末に向けて、糸紡ぎ干支のウリ坊のワークショップも募集しています。
今回のウリ坊は、東京・阿佐ヶ谷でも開催予定です。一日で作るコースです。

年内駆け込みワークショップ、あれやこれや!
是非、この機会にご参加くださいね。

2018/08/14

網針無しでも、、、

 シロちゃん「お母さん、投網でも編んで漁師になるつもりかな??」

いえいえ。
フィレレースというものに興味がありまして、以前からその編み方を本で見たり、YouTubeでみたりしているのですが、なかなかしっくりものに出来ずにおりました。

最初に苦戦していた頃の話し

 フィレレースというのはこんな感じのもの。トスカーナレースともいうみたい。
方眼のレース(網?)を編み、そこに織りで言うオープンワークのような織り目を編み(織り)こんでいくものです。

よくみると、家の中あちこちにこのレースを使っています。家族が好きなんですよ。
とはいえ、インテリア雑貨のお店には、新品のものがそこそこ手に入りやすい金額で売られています。アンティークのものは高価ですが、新品は普通に手に入ります。でも、自分で作ってみると、こんなめんどくさいものが…安すぎでしょ?と感じるわけです。   やっすいなー、と思いつつも、自分で作れるんだ?と知ったら、作ってみたいのが"私"です。

私が使っているのは、こちらの植物繊維です。イラクサの繊維で、ネトルとかアローとか呼ばれているものです。水に強いので、漁網などにも使用されているそうです。

見た目は美しい仕上がりではありませんが、このように方眼に出来上がります。

この方眼も四角形の布に仕上げる方法と、円形に仕上げる方法とあります。
円形に仕上げる方法を応用してやっと完成!

これが作りたかったのです!
昔、オーガニック系雑貨のお店で石鹸ネットを買ったのですが、やはり数年使っているとくたびれます。なので、ネトルの糸は持っているので、作ったのがこちら↓↓↓

2014年7月
この時は、購入したものを参考に作った気がします。レース編みの要領でかぎ針編みです。

しかし、イメージとしてはフィレレースの漁網のようなネットの方が好みなので、長いこと作り方を探しました!!  (フィレレース自体、やっている人は少なそうです)

まだ、とりあえず出来た程度ですが、これは私には楽しい編み(網)!ちゃんとした道具を買っちゃおうかなー? 
でもね、YouTubeをみていると人によって、編み方がちがうとか、使っている道具が違うとか、とにかく多様なのです。なので、じぶんのいちばんしっくりくるところにたどり着くまで時間がかかってしまったし、道具が無い中で出来ることも分かりました。(←ココ大事!)

もうちょい、研究の余地はありますが、
私はこんな事やってる場合か!?って状況ですので、ひとまず終わりー。また、石鹸ネットを作る時がきたら再開です。

2018/07/11

ハチワレbrothers!

ハロー!
昨日のブログで登場したこの子達は、ハチワレbrotherSの いおりと豆蔵ですฅ•ω•ฅ

この子達は、伊豆を拠点に長野や北海道で蜂蜜を集めているBeehive-村上養蜂 のマスコットキャラクターとして登場することになりました。


Beehiveさんは、上に書いたように美味しい蜂蜜を求めて大移動する養蜂家さん。そのご家族である、いおり&豆蔵 くん達は さすがに北海道までは一緒に行かれません。なので、この夏より『旅する養蜂家』のキャラクターとしてデビューすることになりました。

『僕達が実物さ!』
いおり&豆蔵 くん達に会いに行き、その姿をパシャリ📷と撮ってくるのですが、如何せん、そっくりなお二方!お顔立ち、カラーリング、体格など、写真をあとから見ても全然分からないのです😅 なので、何度かうかがい確認作業。

下手ッピな絵ですが、写真を元に頭で納得するために絵を描いてみたり。
難しいー!

そしてついに、Beehiveの奥様とハチワレbrothersは夏の北海道に向けて旅立って行きました。

その模様はBeehiveのInstagramにて、いよいよ登場です!ぜひ、旅する養蜂家とニャンコを応援して下さいね。

https://www.instagram.com/beehive3883/
↑Instagramやってるかたなら、これでたどり着けるかな?


さあ!伊豆も、いよいよ梅雨が明けて夏本番です。毎日30℃以上の真夏日!うへ〜( ´⚰︎` )って事で箱根に避暑に行ってきました。
芦ノ湖は真夏でも涼しい!のですが、この日は日が出ると暑いあつい!
平日なのに、世界中からの観光客でいっぱいでしたよ!


三島から、この日は富士山みえないなー
三島から芦ノ湖は30分くらい。ちょっとしたドライブや避暑には最高です。
そんな時に、いお豆くん達みたいなマスコットが一緒だと楽しいかも!そんなこと思いました。
わたしもシロちゃんマスコット持ち歩こうかな?


夏休みに一緒に連れて歩ける、わんにゃんマスコットのワークショップを企画します。
詳細は近日中に公開です。お楽しみに☆彡

2018/07/08

チビでも一丁前!

三島で行われている木枠の手織り教室。

昨日から、綾織の応用編に入りました。 応用なので、オーバーショット1歩手前な複雑な布を、図面のとおりに織ってみましょう。

でも、ただ、方眼用紙に描かれた白黒の図柄を糸で表現するなんて、それは基礎編の杉綾が出来るようになった生徒さんが学ぶにはいささか時間の無駄使いではないかと。

という事で、半綜絖と言うのでしょうか。 糸で縦糸を引っ張りあげるアレをお勉強します。
これは、難しく表現してある綾織りの変化組織の組織図を、木枠で使えるように解読する方法です。綜絖枠や、タイアップや踏み木の関係性はやりません。だって、木枠なのですから。 そこまでやるには、高機をじっさいに扱わなければ、座学だけで初心者が理解は難しいです。
なんの話ししてんの?
イオマメbrothers
木枠で機織りなんて、子供のお遊びみたいなものね!

なーんて思ったら大間違いですよ!
一回ごとに、しっかりと布の構造とその組み立てをします。毎回異なる織物ですので、
世界中にたーーーくさんある織物、身近にあるアパレルで使われている不思議な布が、あー!こうなっているんだー
…の、入口までご案内するのが私の役目。

その先で、もっとこれを掘り下げてみたい!という気持ちが湧いてきたら、卓上でも、高機でも、その上の織り機を用意したら良いと思います。 
何事も、基礎ですよ!

しかし、ひとつゴメンなさいー!って思うことがありました。
この講座に続けて通ってくださる方、とてもとても織りが楽しくてハマってしまったといいます。上の作品群も生徒さんのもの。おうちで色々チャレンジされているようです。『気がつくと夕方なんですー』と。どうやら、いままで大好き!とおっしゃっていた某所にも行くことなく、黙々と織っているそうで、、、

わたし、手芸人口を増やすというより、むしろ
ヒキコモリアンを増やしているのかもしれない…

8-9月はノッティングの講習(三島)があります。
http://do-ze.blogspot.com/p/workshop.html

富士では7-8月はレース織りの講座です。
(7月キト暮ラスカ
----------------------------

さて、途中で出てきたイオマメbrothersは、何者?
それは次回!


2018/06/13

白黒さんたち


久しぶりの投稿となってしまいました。

ワークショップ開催、続いておりますが、それと平行していくつかの動物制作をしています。 それらの依頼品がどれもシロと黒!なぜに?と不思議なくらい、白黒さんたちです。 依頼者の想いを形にすること、今までは『自分で作りましょう!』とワークショップにお誘いしていたのですが、この度は特殊な状況でしたので、制作を請け負いました。 

わたしが作る動物たちはフエルトです。いわば、ぬいぐるみです。でも、依頼された皆さんからしてみたら、単なるぬいぐるみではありません。 ですので、次第にわたしもモデルの動物たちの気持ちを感じ始めてきます。 飼い主さんを見つめる目差し、わたしがチクチクしている様でいて、実はそのフエルトわんこ自身のものです。「お父さん、お母さんをわたし、いつも見ているわよ」そう言っているようです。

『変なこと言ってるよ』と思われるかもしれませんね。でも、日々チクチクしているとそんな気持ちが移ってくるんです。

犬を飼い始めてから9年弱、いまではテレビで牛とか山羊とかみても可愛いとか思えてしまいます。みんな、みんな可愛いくてたまりませんね。

2018/05/27

タピストリーウィービングと綾織


先月、今月と三島や富士で開催している講座ではタピストリーウィービング(綴織)の各種技法で制作しています。
どうしても、お勉強色が強くなってしまう私の講座。『はい!たのしいね!はい、おわり!以上!』
と言うのは、私自身が楽しめないので、どうしても理屈っぽい感じになってしまうのですが、こういうお教室があったっていいよね。



各種講座では、技法を1つ1つお勉強していきます。織りは本当にたーくさんの技法があって、仕上がったものも本当に様々。色々かじってみることで、自分がやってみたい織物が見えてくると思います。そしたら、それを掘り下げて制作を続けると、与えられたものにはない楽しみが見つかります。もちろん、興味のある内容だけでもいいと思うのです。  自分の興味のあるもの、表現してみたいものが既に見つかっている人、これから探していきたい人、いろんな人の手助けになればいいな、と思っています。



タピストリーウィービングは、もう募集を締め切りましたが、
また、ご要望がありましたら開講する予定です。気になる方は、ぜひ、ご連絡くださいね。
 


さて、三島のあぐりで開催の講座は、6月からは綾織の色々をお勉強します。
綾織って?というかたは、デニムをよーく見てください。斜めに線が入ってますね。それが綾織です。その他に、杉綾と呼ばれるもの、そして、それらの変化したもっと複雑なものを、大きな機ではなく、木枠を使って織っていきます。
初めて参加される方は、基礎講座で織り機と道具のお勉強が必要になります。来週の金曜日か土曜日に開催ですので、ご予約下さい。

ワークショップの詳細
           
予約→✉ dozetextile@gmail.com
          📞 08036329377

2018/05/25

手帳のこと


この手帳群の写真は、ときどき使っていますが、以前、手帳(ノート)を手作りして販売をさせていただいた時のものです。
表紙は織ったり、刺繍をしたり、編んだり、様々な技法でつくり、中の紙もいろいろ集めたものでした。決して高い紙を使っている訳ではなく、むしろセカンドハンドのものだったり、新しい紙にダメージ加工を施したりして綴じています。

手帳作りはとても楽しく、使っていても『私だけの手帳』という感覚が伝わってくるお気に入りの物になります。


その頃から、日々のスケジュール帳もずつとオリジナルにカスタマイズしたものです。ページ数が多くなるので、本体はMUJIや100均で買うことが多いです。そこに手書きで日付けを書き込んだり、カレンダーを作って貼ったりします。
一日1ページです。


カバーはgentenの文庫本カバーです、
なかなかいい色にテカッてきましたよ。


手帳を使い勝手の良いものに育てていくために、いろんな手帳術の読み物を読んでいます。
スケジュール管理や、記録、お楽しみなどなど。行き着くところは自己管理という事なのですが、日記のように記録を残していくのは時々サボってしまうものです。どうすりゃいいんだ?みんなどうしてる?そんなとき、ネットで調べたりします。

今月の日経womanでも前向きに自己管理ができる手帳術がありました。
今朝はこんなサイトも見つけました。
https://rucca-lusikka.com/blog/

中身のページの印刷など、まだまだ試行錯誤ですが、楽しいのでオススメですよ!

2018/05/17

5月ニットカフェご報告!

毎月第2日曜日に開催しているニットカフェ。今月5月のニットカフェは13日に畑ごはんあぐりにて開催されました!ご参加された皆様、お疲れさまでした。

今回みなさんのお持ちいただいた作品が凄いのでご紹介!
こちらのAさんの作品、実はご自分で紡いだ綿の糸で編んでいます。しかも、1本だと細すぎのる所もあるので2本取りで。それでも細くて繊細な糸です!!

Sさんの作品は、少し前に受講されてきた特殊な編み方のコインケースの仕上げをされていました。同心円状の編み方、へー!と不思議なかんじで出来上がっていますが、世の中色んな人がいて、新しいことを開発してくださいますね!

こちらのS嬢さはレースで敷物を編んでいらっしゃいました。ひと月前にはこのレース編みの話はしていなかったから、ココ最近の作品かな?とても細かな仕事です。

みんな、作品が一気に夏仕様!今年の夏に使えそうなものを今から制作して楽しんでいらっしゃいました。

私はというと、、、
グズグズです…

近頃、フィレレースというものに興味を持ち始めまして、色々探すのですが 写真や図で見てもイマイチ分かりづらい…かと言って、ネットで動画みつけても、ひとによってやり方がバラバラ。あばり編みで調べると、お教室が見つかるかも?スピナッツに特集があったよ?との情報を得ましたので色々みてみようかと。


夏、始まりますな。

そして、今週から富士市キト暮ラスカでの綴織ワークショップもスタートです。

2018/04/29

手織り教室いかがですか

木枠で織る手織り教室 @畑ごはんあぐり
みなさん、毎回楽しんで制作していかれています。
 今回はグラデーションの練習ですよ。

夕焼けのようなオレンジ色が眩しい!

 前回の講座の作品です。
みなさん、素敵!すてきな作品💕

技法を学ぶ講座なので、見本とそっくり同じものを作りましょう、というキット的なワークショップではありませんので、お好きな色でお好きなデザインに仕上がります。

 色えらびが難しい( •́ㅿ•̀ )
という方がけっこう多いのですが、配色や色選びはお手伝いします。少しずつ色の事をお話ししていきますので、ご自分の色選びの傾向や、好きな配色などが見えてくると思います。



 他の受講者さんの作品を見たり、お互いに意見を交わしながら、どんどん素敵な作品が仕上がっていきます!

編み物とは違う、糸を使っての布をつくる作業です。楽しい〜と思う講座! 興味のある方は、是非ご参加くださいね。

初めての方は、まずは6月1日(金) か6月2日(土)の基礎講座にご参加くださいね。
6月-7月は綾織りの講座です。